So-net無料ブログ作成

深イイ言葉♪ [深イイ言葉]

深イイ言葉♪


     深イイ言葉41.jpg


                人間、今が一番若いんだよ。

              明日より今日の方が若いんだから。

                いつだって、その人にとって

                 今が一番若いんだよ。


                           永六輔






夢占い 目次 [夢占い 目次]

夢占い 目次

【夢とは・・】
夢の種類
恋愛運上昇の前ぶれ
繰り返し見る夢の意味
色(いろ)


【行動・感覚・感情・儀式】
追いかけられる
うれしい感情
泣く(なく)
浮気(うわき)
旅行
飛ぶ・落ちる
怒る・怒られる
結婚・結婚式
キス
手・手をつなぐ・握手
殺す・殺される
食べる・飲む
苦しい感情 ・ 後悔する
溺れる(おぼれる)
忘れ物・忘れる
掃除(そうじ) ・ 洗う(あらう)
歩く(あるく)
盗む・盗まれる・泥棒
迷う・迷子
出産(しゅっさん)
遅刻する・遅れる
喧嘩(けんか)
化粧(けしょう)・メイク


【人間の体】
裸(はだか) ・ 裸足(はだし)
髪・ひげ・ハゲる
死ぬ
背が伸びる・縮む
血(ち) ・ 出血(しゅっけつ)する
目(め)
足(あし)
口(くち) ・ 唇(くちびる)
耳(みみ)
太る(ふとる)
爪(つめ)
歯(は)



【天体・気象・自然・災害】
水(みず)
火事(かじ)
地震(じしん)
海(うみ)
雨(あめ)
風(かぜ)
月(つき)
雲(くも)
池(いけ)
山(やま)
雪(ゆき)
天国・天
川(かわ)
星(ほし)


【動物・生物】
蛇(へび)
魚(さかな)
カエル(蛙)
動物(どうぶつ)
猫(ねこ)
イルカ
ネズミ(ねずみ)
鳥(とり)
蝶(ちょう)
鯨(くじら)
虫(むし)
金魚(きんぎょ)
亀(かめ)
馬(うま)
ライオン
雀(すずめ)
蟻(あり)・蜘蛛(くも)
鳴き声(なきごえ)


【植物】
花(はな)


【乗り物】
自転車(じてんしゃ)
車(くるま) ・ 運転する
電車(でんしゃ)
船(ふね) ・港(みなと)
エレベーター


【生活空間・建物】
トイレ
階段(かいだん)
お風呂
窓(まど)
墓地(ぼち)・お墓(おはか)
家(いえ)
駅(えき)
玄関(げんかん)



【人物】
恋人・好きな人
赤ちゃん
子供(こども)
故人・死者・亡くなった人

【物】
鏡(かがみ)
傘(かさ)
靴(くつ)
お金
手紙・メール
花瓶(かびん)
服(ふく)・着物(きもの)
時計(とけい)
鍵(かぎ)


【食べ物】
卵(たまご)



黁Re

夢占い【忘れ物(わすれもの)・忘れる(わすれる)】 [夢占い]

夢占い【忘れ物(わすれもの)・忘れる(わすれる)】


忘れ物1.jpg


忘れるの夢


主なシンボルキーワードは


現実逃避、執着


ストレス、焦り、再生願望です。



忘れ物をした場合


その忘れた物に執着があるという意味になります。


あるいは、注意力の欠如を表している場合もあります。


例えば、お金を忘れる夢


お金に対して相当執着しているということになります。



忘れていたことを思い出す夢


その時に戻って


もう一度やり直したいという再生願望の表れになります。



忘れ物がみつかる夢


過去についてこだわりがあることを暗示しています。


そのことに執着しているようです。


その過去は忘れた方が良いもの(事)なので


新たな気持ちに切り替える努力が必要です。


それをすることで新しい道が開けます。



忘れ物が見つからない夢


かなりのストレスを感じているということを暗示しています。


あなたの力量以上のものを抱えてしまっているようです。


休養をとってストレス解消することが必要です。



忘れたものを諦める夢


今までとはちがう自分に転身できるという暗示になります。


好転するという象徴が強いです。


運気も上昇しているので


何事にも積極的に取り組むことが吉につながります。

夢占い 関連記事
夢占い目次
うれしい感情
恋愛運上昇の前ぶれ
繰り返し見る夢の意味
色(いろ)



>

偉人の名言 [偉人の名言]

偉人の名言


     青空.jpg

                 いま立っているこの道、

                 いま歩んでいるこの道、

             とにかくこの道を休まず歩むことである。

           自分だけにしか歩めない大切な道ではないか。

                 自分だけに与えられている

               かけがえのないこの道ではないか。

                  他人の道に心を奪われ

                思案にくれて立ちすくんでいても

                   道は少しも開けない

                   道を開くためには

                  まず、歩まねばならぬ。

               心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

               それがたとえ遠い道のように思えても

                 休まず歩むことを続ければ

                   必ず道はf開けてくる。


                              松下幸之助






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。